<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

2013年にかわったこと

白い犬は生まれかわったら次は人間になる
みたいなことを信じ切っていないのに
なんとなくそうかもみたいな気持ちでいた

つまり人間が一番というあたまがあったということ

でもこの夏にラジオのこども相談室を聞いていて
昆虫の先生が『ゴキブリはなんで居るんですか?』っていやそうに聞いた女の子に
『なんてことをいうんですかっ!ゴキブリもこの宇宙の大切な一員なんですよ』
と叱ったように応えられたのを聞いて
前の日にゴキブリを叩き殺してしまったことを泣いて悔やんでから
蚊もゴキブリもコバエも殺すのをやめることができた

そして蝶々のサナギを今も見守っている

d0258765_2214894.jpg


人間より昆虫の方が崇高
犬の方が人間より賢い
そんなふうに考える

生まれかわるということがあるなら
次は人間じゃなくて
犬だろうか?蝶々だろうか?ゴキブリさんだろうか?
なんて思いめぐらす瞬間が時々ある

これが2013年に自分の中でかわったこと・・

by ukichido | 2013-12-31 02:31 | Comments(0)
2013年 12月 28日

からだとこころ

d0258765_20454660.jpg


年々なんだか
からだはすっきりしてきた

片やこころはなんだか
あるときから死んだ部分を抱えているような感じ・・・

これって100歩進んで95歩下がったか
100歩進んで111歩退いたか
てなわたしの成長経過

けっこう深刻な感じだけど
心に暗いところがあるほうが
ないよりはいいかと考えることもできるようになってきた

2008年にフェフェが逝き
次の年に清志郎さんが
その次の年に年上の友人と年下の友人が逝き
その次の年が東北大震災
自分の内面にもいろいろ蠢くものがあって
心は暗い
・・・・
・・・・んだけどのんきだから
自分でも忘れるし
ほかのひとにもそうは見えないでしょう

でもそんなですよ

by ukichido | 2013-12-28 20:47 | Comments(0)
2013年 12月 26日

行事が苦手


d0258765_0584841.jpg



クリスマス会とかに誘っていただくわけでもないので
苦手がることもないけれど
全国バージョンで蠢くエネルギーについていけない人間です



d0258765_0593317.jpg



つづくお正月もどうもです

たぶんうしろめたい気持ちがあるのです

きちんと大掃除できない
おせちもつくれない
年賀状も書かない

それでいいのだといなおることもできない・・・

もうどうにもこうにもすみません

だから年末年始は・・と尋ねられそうになると逃げてしまいたいきぶん
アワアワとモゴモゴとニョゴニョゴと・・

自分には何かいろいろ欠けているのはわかっているのです
そのひとつは社会性だとこのごろはっきりと確信中

さてどうしよう・・



d0258765_101555.jpg




今度の年末年始は自分のこれからを考えることにしよう

by ukichido | 2013-12-26 01:04 | Comments(0)
2013年 12月 19日

言葉が大事

d0258765_1932018.jpg


旧約聖書は『はじめに光りありき』
新約聖書は『はじめに言葉ありき』
・・・なんだそうです

FBはみんなの言葉がつまったBOOKです
写真もたくさん出てますが
言葉のほうがその人となりに会えてしまいます

同じ言葉でも
表現で苦手だと感じるものにも
出会っていきます

私が苦手な言葉や表現は
・乱暴な言葉
・上から目線の表現
・批評家みたいに自分を横においた表現

心にひっかかってくるいうということは
自分にもそういう要素があるからかもしれないと考えて
そうでないように気をつけて書くようにしています

『〜だ』と書いた時に
その語尾だけで自分の文に自分がひっかかって
『〜です』と書き直すことけっこう多いのです

言葉を使えないことが
からだを痛めたり病気になったり
お金をきちんと稼げなかったりすると
聞きました・・・

自分の言葉をとりもどして
本当の気持ちを表現をすることが
健康に生きることと感じます

by ukichido | 2013-12-19 19:06 | Comments(0)
2013年 12月 14日

ガンジーさんの言葉ふたたび


写真に撮ってもどんどん消えていくことがわかった
するするとすべてが消え去ってしまうんだろうか?

私の些末な記憶は元気に消えていく
なんかいい感じに忘れてるけど・・・
こんなんでいいのかな?


d0258765_23244950.jpg


このガンジーさんの言葉は
時々思い出したほうがいいので
ここに貼っつけておこう



d0258765_23264758.jpg


by ukichido | 2013-12-14 23:28 | Comments(0)
2013年 12月 09日

ふたつの映画『標的の村』と『カンタ!ティモール』


秘密保護法の強行採決の前後に観たふたつの映画
自分の知らない悲惨なことの多さと
自分の気がつかない人間の美しさを知った


『標的の村』は沖縄の高江にあるアメリカ軍の基地の問題
d0258765_1425014.jpg

今までも戦闘訓練の対象にされたりしている上に
オスプレイも配備されてしまった

豊かな自然のヤンバルの森と共に暮す住民の生活を脅かす苦痛を理解しない政府
オスプレイ導入に人の壁を作って抵抗するが強行導入

日本政府は日本人を守らずアメリカのいいなり

なんともやりきれない
でも私は気がつかないままに居た

そして秘密保護法は強行採決
いままでだってそれがまかり通ってたような日本に感じる


そして強行採決の次の日に観た『カンタ!ティモール』
インドネシアの占領から2004年に独立した東ティモールの
24年間に渡る悲惨な歴史

d0258765_14195720.jpg

あんまり感動したのでそのことをFBにアップしたら
何度も観た方から一回観ただけでよく書けたといっていただいた
でも撮影当時25歳の広田奈津子監督の表現がわかりやすくて
わたしにはぐいぐいと喰い込んできたのだった
・・・だからあふれるようにこの映画のことは語れる

FBに書いたこと自分のためにここにコピーしておきます

***********(2013/12/08)

きのう観た『カンタ!ティモール』に登場した人たちは
私が持つ人間への絶望感をすっかり塗り替えた

ギラギラした男や女はひとりもいなくて
みんな穏やかで笑顔に輝く瞳

つい最近アフリカの人は精霊のために生きてると聞いたけど
東ティモールの人々もそういう霊や神さまの存在を口にして
自分たちが食べる前にまず神さまに捧げる

すべては神さまが成してくれているからと

田を耕す牛を追うときは歌を唄う
なぜなら牛は唄わないと動いてくれないからといい
その歌をこどもに教えている
親がいなくなっても食べていけるように

いとこや甥や姪ということばがなく
みんながこどもでみんながおかあさんでおとうさん

虐殺がいっぱいあっても
路上生活者とかがいないのは
みんながお互いをめんどうみてこどもを育てるから

いちばんすごいのは占領しているインドネシア軍と戦うゲリラ隊
敵にあったら殺さずに武器を取り上げ
なぜ自分たちが独立を願っているかその兵士に語り
納得させて無傷で還すというのだ

そういう方法でしか平和への道はないと前大統領が語っていた

インドネシアの兵は覚せい剤の混ぜられた薬を打たれて残虐な行為をする

ティモールの人は敵も自分たちと同じ大地の子だと言う

家族や友だちを何人も殺されているのに
怨まない・・・
でも悲しみは消えない

インドネシアがなぜ攻撃するかというと
石油がからんでいて
日本政府はその恩恵を受けるために
戦いのための援助金をいっぱい出している
他の国も出していたがあまりにひどいので手をひいた後
日本はその手を引いた分まで引き受けて出したそうだ

こんなこと知らない日本人の私

ティモールの人は日本がお金を出していたことを知っているので
どうかそういうことはしないでと訴えていた・・・

神さまのような人々がこの地球上に居たこと
全員が戦わない男の奇跡の国
わたしはびっくりしながら
感動した

by ukichido | 2013-12-09 14:44 | Comments(0)
2013年 12月 04日

一生のうち何人の人に出会い あなたには何回出会えるのだろう

宇吉堂という店は絵本と石けんの店ということで
地味な集客力
お客さん来ない日もしっかりある

ずいぶん前に
こんなことでいいんかなと考えた時
一日にたったひとりのお客さまと考えたら
一年300日の営業で300人
ふたりずつだったら600人
三人だったら900人・・・

なんだか簡単に1000人の人に会えるかも知れない・・

そんな計算をしていたのは岡山在住時

震災後に移住する時は過疎地だと判断していたけれど
しばらくして気付いたそこは観光地だった

その牛窓で出会うお客さまは観光の人
つまり初対面の人が多かった

それで
お店ってすごいなーと感じた
普通なら会えない人にじっとしていても会えていく

もう26年以上やって来たから
一日ひとりの計算で・・
・・・
そうか8000人足らずなのね・・(大したことないかな・・)←何の根拠もないけれどそう感じる

たった一度の出会いが多いけれど
再び三たび会える人も居る

あなたとは一生のうち何回会えるかな
どれだけの時間いっしょに居ることができるかな

そういうことをお店をやっていると
よく考えてしまうわたしだ

一回きりの人とも
何回も会ってる人とも
お互いに心弾むいっしょの時を
一度でも過ごせたら
それはうれしいこと

人と人の出会いは不思議

d0258765_102563.jpg


by ukichido | 2013-12-04 01:10 | Comments(2)
2013年 12月 02日

劣化しないもの そして普遍であること


今年も12月がやって来た

風の兄弟には初めての12月

d0258765_0234525.jpg


このごろいろんな言葉や事象が流行っては
みるみる劣化して行くのを感じる

まるでピラニアが喰いついて食べつくすように
だれも彼も私も喰いついて
どんどん薄っぺらになって・・・
喰いついている方も薄っぺらになって行くように感じる

喰いついてもお互いがどんどん豊かになって行くのが
いいなぁ

そういうのが
普遍性を持っていて
ほんとうのことなんだろうな

それにしても
・・・
12月はやってくるんだ・・
今年の12月はあんまりうれしくない・・・

by ukichido | 2013-12-02 00:39 | Comments(0)