<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 30日

きょうはステッカー


d0258765_23583837.jpg



d0258765_2359180.jpg



d0258765_23591956.jpg


by ukichido | 2016-01-30 23:59 | Comments(0)
2016年 01月 29日

気持ちを捨てる


きのうから何やかや整理

究極
身の回り
捨てていいものばかりな気がする

見返さずに捨てることができたら
どんなにさっぱりすることだろう

大事な人の大事な手紙を捨てることが
その人を大事にしなかったことにはならないように
何もかも捨てても大丈夫なのに

手放さないのは手に持てないのにジブンで持っておこうとする欲望

この気持ちを捨てるのにはどうしたらいいのだろう




d0258765_048521.jpg


by ukichido | 2016-01-29 23:58 | Comments(0)
2016年 01月 28日

宇吉より愛をこめて通信


d0258765_0565790.jpg


きょうは思い切って要らないものは捨てようと整理し始めた
手をつけ始めたのが昔書いていた通信の原稿とかの塊だった

書き始めた1998年は今から18年前
・・・・・
18ヶ月前くらいの感じだけどほぼふた昔前

あの頃は白い紙一枚を前にしたら
いくらでも書くことがあって
けずってけずって何枚も書き直して仕上げた

それなのに金沢に来てしばらくしたら書けなくなった
書いてもジブンにとってつまらなくて
どうにも通信にならなかった

なんでだろ

フェフェが居なくなったからかもしれない

そう感じてる

・・・ところで整理はしたけど
移動しただけでまだ何も捨てていない
どうしよう

by ukichido | 2016-01-28 23:51 | Comments(0)
2016年 01月 27日

ジブンの色は?


私はおとめ座で
おとめ座の色はサファイアブルーだったかな?

積極的に好きな色は濃い青〜インディゴブルー

赤は似合わなくて
茶色は苦手だけど
最近はからし色が気になったり
黒は好きな時と苦手な時と

・・・といろいろの色気分

そしてやっぱり白はいい
生成りっぽい白

でもいつも白には参りましたと藍染め屋さんに持ち込む

インディゴブルーが好きで
ジャパニーズ藍は似合わなかったんだけど
境い目がなくなってどっちも好きになってきた藍色気分

また白い服が消えて
藍色の服が増えた




d0258765_20543398.jpg


by ukichido | 2016-01-27 21:05 | Comments(0)
2016年 01月 26日

冬の花



d0258765_20392357.jpg



シクラメンがお水が欲しいと頭を下げた

寒い時にもお水あげないとね


ほらピンとなった



d0258765_20455778.jpg


by ukichido | 2016-01-26 20:46 | Comments(0)
2016年 01月 25日

ユックリと・・・

きょう行ったレストランで昔の絵本に出合った

『ユックリとジョジョニ』(荒井良二著)

奥付には1991年初刊とある(これは今も出版されている)
編集はトムズボックス(土井さんの名前はでていない)

『イメージの森』シリーズで片山健や宇野亜喜良などそうそうたる作家達による絵本は
ある意味過激で時代を先取りし過ぎていて
ちょっとかわったもの好きの人たちの興味を引いたけれど
一般受けはいまひとつだったかもしれない

土井さんの編集力は今も昔もなかなかのパワー

1991年はまだワタシの父も健在だった
夏にフェフェもいっしょに北海道と六ヶ所村に旅した

そしてそのあと
最初のお店から次のお店に移行することになる

なぜ移行しなくてはならなかったかといえば
お店のスペースを持ち主の方の特別なご好意で貸していただいていたのに
ワタシがあることで抗ってしまったからだ
それはJ党の選挙ポスターを店の入り口あたりに貼られているのを見て
なんとか場所を変えてほしい
できたら貼るのをやめてほしい
と言ってしまったことが一番の理由な気がする

他にもいろいろジブンの考えを通し過ぎたところがあって
ジブンで考えても馬鹿だったと考えるが
それ以外の反応をワタシにはできなかった

今も同じことがあると同じ馬鹿な反応をするジブンだきっと・・・

そんなことがあった
あんなことがあった

・・・と昔の絵本の刊行年を見ておもい出すのだけど
時の長さは感じずにいる

時はゆっくりと一瞬という感覚で
過ぎていく



d0258765_2395125.jpg


by ukichido | 2016-01-25 23:15 | Comments(0)
2016年 01月 24日

きんかんなまなま


金沢に暮してもうすぐ10年になります

金沢言葉は聴き始めた頃はさっぱりやら
変に感じたりしたけど
もうけっこうOKです
発信もできます

きょうの雪でつるつるに凍った路は
『きんかんなまなま』以外の表現では
ありえませんでした

雪国って雪降ってこそ

雪が降る日は
寒いので温かいんだなあ・・としみじみ気がつきました




d0258765_23364591.jpg


by ukichido | 2016-01-24 23:38 | Comments(0)
2016年 01月 23日

脱原発断食


昨年より月一という小さいペースの参加をしている
脱原発リレーハンスト

始めたときはすべての原発は稼働していなかったのに
今は九州川内原発再稼働し
福井高浜原発も再稼働目前なのだろうか

たった24時間食べ物を口にしない
それが私には簡単そうで軽くはない

多分リレーの輪を断ち切っては行けないという責任があるから

自分のための断食ならもう少し気分は違うのではと考える

昨年は3・11と広島長崎の間の日は自分で決めた断食をしたのだけど
その二日の気分はかなり違っていた

このリレーをしなくてもいい地球になる日が来ることを願っています

地球宇宙宇吉


d0258765_1485284.jpg


by ukichido | 2016-01-23 23:59 | Comments(0)
2016年 01月 23日

使い捨てる


d0258765_21183117.jpg


この熊のシールは北海道のトンコリ奏者のOKIさんのです

このシールを貼ったストーブが
明日この冬一番の寒さだというのにカプート

もう少し小さめのストーブを買い足そうと
きのう相談していたのを
ストーブが耳にして壊れたんだろうか・・・?

三回の冬しか使わなかった

熊のシールともお別れ

by ukichido | 2016-01-23 00:48 | Comments(0)
2016年 01月 21日

犬とともに暮らすホームホスピス

1・17に急に神戸に行くことになり
家人が看板の制作を頼まれていたホームホスピス『神戸なごみの家』への手持ち納品が
可能になった

いい偶然というのはやってくる
不思議なこと

初めて訪ねたそのホームホスピスの二階のリビングからの眺めはすばらしく
一等席のソファにはボーダーコリーの姫さんという7歳の犬が寝そべっていた

とても気持ちのいい空間

代表の松本京子さんの魅力は合った瞬間伝わってきて
好きになってしまう

ずっと寝そべっていた姫さんは
開設当初からのここの住人(犬)

そして松本さんから姫さんの不思議な話を聴いた

入居の方の命が消えそうなときには
姫さんは必ずその人ところへ訪ねて行く

最期の時が来ると別室に居て気がつかないご家族を呼びにいき
見送った後にはご家族ひとりひとりの前に座って頭を下げて挨拶をする

なんというお見送りのできる犬かとびっくり

命を感じて生きること





d0258765_19261184.jpg


by ukichido | 2016-01-21 19:33 | Comments(0)